永久脱毛と長期脱毛の違いについて

永久脱毛と長期脱毛の違いについて

医療機関では永久脱毛の施術を行っていますが、その他の脱毛サロンや家庭用脱毛器での脱毛とはどのような違いがあるのかをご存知でしょうか。

 

まず、永久脱毛というのは脱毛の施術を受けてから50年以上毛が生えてこないという状態の事を指します。効果の程は多少個人差がありますし、女性の場合には妊娠したり出産したりなどでホルモンバランスに変化が起こると毛が生え始めてくるというケースもあるかもしれません。

 

毛がどれくらい生えるのかなどはホルモンバランスが密接に関わっているためです。

 

そして脱毛サロンや家庭用脱毛器では永久脱毛は出来ずに、長期脱毛効果が得られるという施術になります。

 

本来脱毛というのは医師免許を持つ人による医療行為になりますから、医療機関で受ける施術以外の施術はあくまでも脱毛ではなく減毛のために行うものという意味合いを持つのです。

 

ただ、脱毛サロンや家庭用脱毛器でのフラッシュ脱毛の施術であっても効果は永久ではありませんが長期間持続するので、カミソリや毛抜きなどでのケアよりも長期脱毛効果が得られます。

 

そして、こうした長期脱毛の施術を繰り返していく事により、徐々に毛が生えにくい状態になっていきますから度々毛の処理をする面倒な手間も省けます。